他社で借りている場合

楽天銀行のカードローン申込時には審査がありますが、すでに他社でも借入れをしている場合は審査に影響する可能性があります。複数社での借入れは、審査では返済能力について警戒されてしまいます。

 

現在借入れがあるならば、そこへの返済もある状態です。例えば同じ年収400万円の人だったとしても、毎月A社に1万円、B社に2万円返済している人であれば、楽天銀行のカードローンの返済まで余裕でできるとは言いにくい状態です。

 

また、A社でもB社でもお金を借りているのにも関わらず、さらにお金を借りようとしているという点から、余程お金に困っている状態だと思われる可能性もあります。どちらにせよ不空数社から借入れしている状態では、審査も慎重に行われます。

 

もしも複数社から借入れをしているのであれば、新たな借入先を探すのではなく、現在借りている所の限度額を増額してもらうという手段もあります。これならば借入先は増えませんし、現在まできちんと返済を行っているのであれば、その信用で増額してもらえる可能性があります。

 

増額は銀行でも消費者金融でもカードローンサービスであれば可能で、一定の利用実績があれば増額審査が受けられます。楽天銀行以外で見てみるとするなら、消費者金融大手ではプロミスの増額があり、初回は大きくなりにくい限度額も増額によって拡大する可能性があります。

 

また、現在借りている所を完済したいと考えているならば、楽天銀行のカードローンへ借り換えて完済を目指すという手段もあります。借り換えには、金利や毎月の返済額が下がるというメリットがあります。