どんな理由でも使えるのか

楽天銀行のカードローンは、原則使い道は自由です。生活費の補填や冠婚葬祭の費用だけでなく、レジャー費用のような娯楽のための費用としても利用が可能です。本当にどんな理由でも貸してくれるのかについてですが、契約後はカードで自由に借入れができるようになります。

 

限度額の範囲内であれば、その都度使い道を報告する必要はありません。その為契約後の使い道は自由といえます。

 

ただし、利用目的として望ましいと思われない理由というのはあります。例えばギャンブルです。パチンコで遊ぶための費用、競馬で稼ぐための費用と申告すると、恐らく審査には通らないでしょう。レジャー費用と違い、借入後にしっかりと返済されるという判断はしてもらいにくい理由だからです。

 

また、他社のカードローンの返済のためという理由も、審査には通りにくいでしょう。その場は何とかなるかもしれませんが、現在毎月の返済が追いついていない人が、新たな借入れの返済まで行えるとは判断されにくいからです。

 

もしも他社のカードローンの返済に困っているならば、いっそ楽天銀行のカードローンへの借り換えを検討する方が生産的かもしれません。借入先が変われば金利が変わるので、毎月の返済の負担が減り、完済しやすくなる可能性があります。

 

返済負担が大きくなる消費者金融で借りている場合には、楽天銀行への借り換えで負担が軽くなる可能性があります。どこで借りるにしても消費者金融は金利が高く、早い融資とはなるもののどうしても利息が大きくなってしまいます。

 

例えば関東圏の方がとにかくお金が急ぎで必要で川口市の消費者金融で借りたとしても、その後に余裕を持って楽天銀行に借り換えれば返済負担は抑えられるのです。